無料ブログはココログ

« 林理論批判(28) | トップページ | 林理論批判(29) »

2015年12月17日 (木)

『資本論』第3部草稿(現行版第5篇)の研究(29-6)

『資本論』第3部第1草稿・第5章(現行版・第29章「銀行資本の構成部分」)の解読

 〔大谷禎之介《「銀行資本の構成部分」(『資本論』第3部第29章)の草稿について--第3部第1稿の第5章から--》(『経済志林』63巻1号収載)の訳文を利用〕

 (前回(29-5)紹介した【9】パラグラフから、マルクスは「架空資本」の説明に移っていることを指摘したが、マルクスはさらに「架空資本」を、具体的な例を上げて説明していく。次の【10】パラグラフからは国債が例に上げられている。国債を架空資本と見るか否かは、セミナーにおいて林氏と私とが対立した点でもあり、よって当然、関連して林氏の主張を批判的に取り上げることとなった。)

【10】

 〈事柄は簡単である。平均利子率を《年》5%としよう。すると,500ポンド・スターリングの資本は(貸し付けられれば,すなわち利子を生む資本に転化されれば)毎年25ポンド・スターリングをもたらすことになる。そこから,25ポンド・スターリングの年収入は,どれでも,500ポンド・スターリングの一資本の利子とみなされる。しかしながらこのようなことは,25ポンド・スターリングの源泉がたんなる所有権原または[521]債権であろうと,あるいはたとえば土地のような現実の生産要素であろうと,この源泉が《直接に》譲渡可能である,あるいは「譲渡可能」であるような形態を与えられている,という前提のもとで以外では,純粋に幻想的な観念であり,またそういうものであり続ける。例として,一方では国債,他方では労賃をとって見よう。国家は||336上|自分の債権者たちに,彼らから借りた資本にたいする年額の「利子」を支払わなければならない。{この場合,債権者は,自分の債務者に解約を通告することはできず,ただ自分の債務者にたいする債権を,自分の権原を,売ることができるだけである。} この資本は国家によって食い尽くされ,支出されている。それはもはや存在しない。国家の債権者がもっているものは第1に,たとえば100ポンド・スターリングの,国家あての債務証書である。第2に,この債務証書は債権者に国家の歳入すなわち租税の年額にたいする定額の,たとえば5%の請求権を与える。第3に,彼はこの100ポンド・スターリングの債務証書を,任意に他の人々に売ることができる。利子率が5%であれば{そしてこれについて国家の保証が前提されていれば},Aはこの債務証書を,その他の事情が変わらないとすれば,100ポンド・スターリングで《Bに》売ることができる。というのは,買い手《のB》にとっては,100ポンド・スターリングを《年》5%で貸し出すのも,100ポンド・スターリングを支払うことによって国家から5ポンド・スターリングという額の年貢を確保するのも,同じことだからである。〉

 マルクスが最初に述べている部分、すなわち〈平均利子率を《年》5%としよう。すると,500ポンド・スターリングの資本は(貸し付けられれば,すなわち利子を生む資本に転化されれば)毎年25ポンド・スターリングをもたらすことになる〉という部分は、通常の「資本-利子」の観念、つまり利子生み資本の範疇が確立した現実を述べている。そしてその後に述べていること、すなわち〈そこから,25ポンド・スターリングの年収入は,どれでも,500ポンド・スターリングの一資本の利子とみなされる〉は、そこから生じる転倒した観念(「利子-資本」)を説明しているわけである。だから〈しかしながらこのようなことは,25ポンド・スターリングの源泉がたんなる所有権原(株式など--引用者)または債権であろうと(つまり価値は貸し出されて第三者に譲渡されるが、その所有権は保持しているような場合であり、すべてのローンに妥当する--同)あるいはたとえば土地のような現実の生産要素であろうと(これは25ポンドが地代の場合である--引用者)この源泉が《直接に》譲渡可能である,あるいは「譲渡可能」であるような形態を与えられている,という前提のもとで以外では,純粋に幻想的な観念であり,またそういうものであり続ける〉という説明になっているわけである。ここで〈この源泉が《直接に》譲渡可能である,あるいは「譲渡可能」であるような形態を与えられている〉というのは、例えば国債や株式などはそのまま〈《直接に》譲渡可能である〉が、土地のようなものは持っていくわけにはいかないから、「権利書」という形で〈「譲渡可能」であるような形態を与えられている〉わけである。

 ところで、大谷氏は注9)で次のように述べている。

 〈「という前提のもとで以外では(ausserunter der Voraussetzung,daβ)」→「という場合を除けば(auβerin dem Fall,daβ)」この部分は,「という前提のもとでも(auchunter der Voraussetuzung,daβ)」とで(も?)あるべきところではないかとも思われる。〉

 しかしこの部分はなかなかそう簡単には、大谷氏のようには言えないのではないかと私は思っている。マルクスが書いている文章と、大谷氏の修正とでは意味が180度違ってくる。マルクスの文章を素直に読めば、〈この源泉が《直接に》譲渡可能である,あるいは「譲渡可能」であるような形態を与えられている、という前提のもとで以外では、純粋に幻想的な観念であり、またそういうものであり続ける〉というものである。つまり直接に譲渡可能でないか、譲渡可能な形態を与えられていない場合には、〈純粋に幻想的な観念であり、またそういうものであり続ける〉と読めるわけである。ところが、大谷氏の修正だと、直接的に譲渡可能であるか、譲渡可能な形態を与えられている場合でも、〈純粋に幻想的な観念であり、またそういうものであり続ける〉ということになる。
 どうして、直ちに大谷説に賛成できないかというと、このあとマルクスは〈労働能力が国債というこの資本に対比して考察される〉場合を例として上げており、この場合は〈労働者はこの自分の労働能力の資本価値を「譲渡」によって換金することができない〉と指摘しているからである。つまり譲渡可能〈という前提のもとで以外〉のケースが考察されているわけである。そしてこの場合は労働能力を資本と観念することは、確かに〈純粋に幻想的な観念であり、またそういうものであり続ける〉と解釈できるわけである。つまり労働能力を資本と見なす観念は、ただ観念だけに止まり、実際にはそれは架空資本として運動するわけではないということである。だから上記の文章では、〈純粋に幻想的な観念であり、またそういうものであり続ける〉ということが重要なのではないかと思うわけである。つまりそれは純粋に観念の問題でしかなく、そうしたものに留まるのだ(だからそうしたものは自立した運動を持たないのだ)とマルクスは言いたいのではないかと思うのである。そしてそのように解釈するなら、エンゲルスの訂正は必ずしも間違っているとはいえないことになるわけである。ただこの部分の解釈の結論は私自身まだ出しているわけではないので保留しておく。

 そしてマルクスは続けて〈例として、一方では国債、他方では労賃をとってみよう〉と「国債」と「労賃」を例に上げて説明すると述べている(国債の説明はこのパラグラフから【12】パラグラフまで、「労賃」の説明は【13】【15】まで)。国債の場合は譲渡可能なものであり、それに対して労働能力はそうではないケースである。
 
 まずマルクスは、国債というものの直接的な表象をそのまま書いている。国債は国の借金(債務証書)であり、だから国家はその債権者たち(国債=債務証書の所有者たち)に借りた資本に対する年額の「利子」を支払わなければならない。しかしこの資本は国家によって食い尽くされ、支出されてもはや存在しない。にも関わらず、国債はそれ自体として価値があるかに現象し、その資本価値に応じた利子をもたらす、等々。
 われわれは例えば額面100万円の国債は100万円の価値があるのは当然だと思っている。しかし国債というのは、ただその紙切れに100万円と書いているだけで、それ自体が価値を持っているわけではないのは明らかである。ではそれは他に存在している100万円を代理し表すものなのかというと、やはりそれとも違うのである。というのは、国家に貸し出された100万円は、すでに国家によって支出されて存在していないからである。にも関わらず、額面に100万円と書かれた単なる債務証書にすぎない国債は、それ自体として100万円の価値があるかに現象しており、それをわれわれは当然のことと思っているわけである。だから林氏は、次のように書いている。

 〈例えば、(資本還元を--引用者)債券に適用しようとすると、100万円債券の利子1万円を、1%の利子率で資本還元して、債券の価格が100万円である、といった理屈になるが、空虚な同義反復でしかないことは一目瞭然であろう。〉(『海つばめ』No.1110)
 〈100万円の社債を支配的な利子率で資本還元する(それが、社債の「価値」だ?)、などと言って見ても無意味であり、矛盾である、というのは、社債の利子率もまた利子率であって、利子率を利子率で資本還元するなどといっても、何の意味もないからである。〉(同No.1111)

 ここで林氏は「債券」と「社債」を例に上げているのであるが、当然、「国債」も同じと林氏は考えているのである(むしろ「国債」の例を否定するために、「債券」や「社債」を例に上げて論じているわけだ)。そして確かにこれらは同じ類のものである。ただマルクス自身は「債券」というような用語は使っていないので、例によって『平凡社大百科事典』の「債券」の項目を見よう。

 〈公衆に対する起債によって生じた,多数の部分に分割された債務(債権)を表章する有価証券。投機証券である株券に対し,債券は確定利付の利殖証券である。狭義では,株式会社が社債について発行する社債券をいうが,広義では,発行主体の如何を問わず用いられ,国債,地方債,金庫債,公社債,公団債などを含む。〉(説明はまだ続くがこれぐらいでよいであろう)。

 このようにこの辞典の説明でも「債券」「社債」「国債」は同じようなものとして分類されている。だから、ここではとりあえず、「社債」を代表させて説明しよう。
 社債というのは、その実際の内容から見れば、企業の借金の借用証文である。つまり、この場合、公衆の持つ貨幣が利子生み資本として企業に貸し出されたわけである。だから当然、利潤が分割されて一定の利子が支払われる。ここまでは「資本--利子」の関係である。ところが次にそれが転倒して、「利子--資本」の関係になる。つまり社債は単なる借用証文ではない。というのは、それが証券として売り出されるのだからである(すでにこの時点で転倒が生じている。だから社債が「売り出される」場合の「売り」は外観であって、実際の内容は「借り」であり、社債の「購入」は「貸し」である)。つまり単なる定期的な利子支払いが、資本化されて、単なる借用証文が証券化されて、100万円の価値(資本価値)を持つものであるかに現象するのである。なぜなら、社債を持っている人は、それを100万円で第三者に譲渡する(売る)ことが出来るからである(この場合、社債を「売った」人は、彼の「貸し出した」利子生み資本の「返済」を受けることになる)。100万円で売れるということは、100万円の価値があるということであろう(だから社債を最初に企業から購入した人が、それを売らずに満期までただ持ち続けるだけなら、それは単なる借用証文に止まるわけだ)。
 これが林氏には〈空虚な同義反復でしかない〉ように見えるということは、林氏自身は、額面100万円の社債は100万円の価値があることが当たり前だと思っているからであろう。つまり利子生み資本という形態が生み出す幻想的な観念に取り込まれてしまって、転倒しているのに自分が転倒しているということすら分からなくなっているのである。
 しかしそもそも、ただ単に紙切れに100万円と書かれているだけなのに、それがどうして100万円の価値があるものとして通用し、販売されるのか、それは本当に奇妙なことではないのだろうか。もしそんなことがいつでもどんな場合でも通用するなら、誰でも紙切れに100万円と書いて、100万円の貨幣に変えるであろう。しかし、現実にはそんなことは不可能である。だから額面100万円の社債を持っている人が、それを100万円で売り(実際に販売される価格はその時点での証券市場の状況によって変化するのであるが、われわれはそれを今は無視しよう)、社債を手放す代わりに100万円の貨幣を入手できることは、決して当たり前のことではなく、〈空虚な同義反復でしかないことは一目瞭然であろう〉などとは言っておれない事態なのである。それは一体全体、どうしてそうなっているのか、なぜ、単なる紙切れが100万円の価値あるものとして売買されるのか、それを説明するのが、この第29章該当部分でマルクスがやっていることであり、それをマルクスは「架空資本」と名付けているのである。

 いずれにせよ、マルクスの説明を読んで行こう。マルクスは、国債は、それを持っている人にとっては、(1)それは国家あての債務証書(100ポンド・スターリング)である。つまり国家が100ポンド・スターリングを借りたことを証するものである。(2)この債務証書は、その所有者である債権者に、租税から年々一定額の貨幣(例えば100ポンド・スターリングの5%、5ポンド・スターリング)の請求権を与える。だからこの場合は「資本--利子」の関係自体が、一つの外観に転化している。国債の購入者は、国家に対して彼の貨幣を利子生み資本として貸し出したのであるが、しかしその貨幣商品は、その商品に固有の平均利潤を得るという使用価値として消費される(利用される)わけではない。ただ浪費されるだけで、だから利潤を生み出さない。にも関わらずやはり「利子」を生むような外観を得るわけで、その実際の内容は、租税から年々の支払いを受ける権利を表すだけなのである。(3)債権者はこの債務証書を他人に譲渡できる、つまり証券化である。ここで「利子--資本」の転倒が生じる。という条件について述べている。
 そして特に最後の譲渡可能ということについて、つまり「利子-資本」の転倒現象について、次のように述べている。

 〈利子率が5%であれば{そしてこれについて国家の保証が前提されていれば},Aはこの債務証書を,その他の事情が変わらないとすれば,100ポンド・スターリングで《Bに》売ることができる。というのは,買い手《のB》にとっては,100ポンド・スターリングを《年》5%で貸し出すのも,100ポンド・スターリングを支払うことによって国家から5ポンド・スターリングという額の年貢を確保するのも,同じことだからである。

 つまり明らかにマルクスは国債についても、その利子率で資本還元してその価値(資本価値)を求めていることは明らかであろう。つまりこの場合の100ポンド・スターリングという価値は、利子率で資本還元された価値なのである。ところが林氏は、次のように主張するわけである。

 〈しかしマルクスは、永久国債について仮に発言しているとしても、その場合でさえ、この国債が5ポンドという「収入」が利子率(5%?)で資本還元されて100ポンドという「資本価値」を持つ、といった議論を展開しているわけではない。100ポンドという国家証券として、国家収入の中から、100ポンドにつき5%(5ポンド)の請求権を与えるというにすぎない。〉(上掲、No.1111)

 一体、上記のマルクスの一文をどのように読めば、こうした解釈が出てくのか何とも不可解であるが、よく考えてみると、そのカラクリが分かる。すなわち、林氏が言っているのは、上記のマルクスの説明の(2)までである。つまり林氏は、意図的にマルクスが述べている(3)の説明を見ないふりをして無視しているのである。マルクスは(3)の説明として、わざわざ〈Aはこの債務証書を,その他の事情が変わらないとすれば,100ポンド・スターリングで《Bに》売ることができる〉と述べている。ということは、この債務証書=国債は、100ポンド・スターリングという資本価値を持つとマルクスは言っているのではないのか。どうしてそうなるのかをもマルクスは説明している。というのは、それを買うBにとって、国債を100ポンド・スターリングで買って、年々5ポンドの支払いを受けるのも、その代わりに同じ100ポンド・スターリングを企業に利子生み資本として貸し出して、年々5ポンドの支払いを受けるのも同じだからだ、というのである。つまり企業に利子生み資本を貸し出して利子を得る(つまり「資本--利子」)という関係(利子生み資本という形態)が生み出している転倒現象だとマルクスは言いわけである。
 おまけにマルクスはその前のところで〈事柄は簡単である。平均利子率を《年》5%としよう。すると,500ポンド・スターリングの資本は(貸し付けられれば,すなわち利子を生む資本に転化されれば)毎年25ポンド・スターリングをもたらすことになる。そこから,25ポンド・スターリングの年収入は,どれでも,500ポンド・スターリングの一資本の利子とみなされる〉と述べたことの具体的な例として国債を例に説明しているわけである。だからマルクスが国債の場合についても、当然、〈国債が5ポンドという「収入」が利子率(5%?)で資本還元されて100ポンドという「資本価値」を持つ、といった議論を展開している〉(林氏前掲記事)ことは当然ではないだろうか。林氏の主張は、同氏が何らかの悪しき意図にもとづいてマルクスの書いているものをねじ曲げて解釈しようとしているか、それとも善意に解釈すれば、ただ林氏自身が、利子生み資本が持つ形態に惑わされているだけとしか言いようがないものである。
 ところでマルクスは、国債の場合、年々租税から支払われるものを、「利子」とは言わずに、《年貢を確保する》という言い方をしているが、この場合は、それは産業資本が生み出した利潤が分割されて、「企業利得」と区別されたものとしての「利子」ではないとの考えがマルクスにあるからであろう。

 (以下、次回に続く。)

« 林理論批判(28) | トップページ | 林理論批判(29) »

『資本論』第3部第5篇の研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480743/63006185

この記事へのトラックバック一覧です: 『資本論』第3部草稿(現行版第5篇)の研究(29-6):

« 林理論批判(28) | トップページ | 林理論批判(29) »